合宿免許で実際に免許が取得できるまでの時間

教習所の寮やホテルに泊まりこんで、短期集中で一定のカリキュラムをこなす合宿免許のシステムは、すべての教習所で実施しているというわけではありませんが、夏休みなどの期間を有効に利用して運転免許を取得できるチャンスであるため、学生を中心としてひじょうに人気があります。

この合宿免許によって運転免許証が取得できるまでの期間ですが、どの教習所であっても、普通車であればおおむね2週間以上というのが定番となっています。



こうした教習所での教習時間は、1時限につき50分と定められており、普通自動車運転免許であれば、技能教習34時限、学科教習26時限の課程を終えて、卒業検定などの節目ごとに行われている検定にもパスすれば、無事に卒業できるというのが通常です。

女性のための免許合宿に関するサポートサイトはここです。

この時間数からいえば、2週間よりももっと少ない時間で卒業ができそうなものですが、実はこうした教習所は、国家公安委員会が定めた規則やさまざまな通達にもとづいて運営をしているため、1日あたりの履修時間についても制限が設けられているのです。



例えば、実際に自動車の運転をする技能講習は、第1段階で1日あたり2時限まで、第2段階では1日あたり3時限までという具合です。
このため、いかにカリキュラムを詰め込み型にしたとしても、この時間数の制限は容易にクリアすることができないため、どの教習所の合宿免許のサービスを利用したとしても、免許取得までにはおおむね2週間以上という時間がかかってしまうのです。